赤ちゃん雑誌の影響下

赤ちゃんが産まれてだいたい5ヶ月くらいたつと、離乳食を始める。

うちは特にアレルギーもないので、雑誌を参考に作った。

が、あの赤ちゃん雑誌の離乳食メニューの豊富さは何なのか。毎食三品しかも少ない量を本当にちまちま作れというのか。ていうかあれを作るお母さんっているのか?いるんだろうな…
Continue reading “赤ちゃん雑誌の影響下”

赤ちゃん雑誌の影響下

出産祝いに子供服を選ぶ楽しみ。

最近、仲のいい親戚に子供が生まれました。うちの親戚で赤ちゃんが生まれるのは、わたしの弟以来のことです。

弟のときなんかは、わたしも幼いので「立場が奪われる!」という危機感もあり

多少はかわいがったかもしれませんが、赤ちゃんかわいいめでたい!という感覚は初めてかもしれません。

まだ会えてませんが女の子が生まれ、出産祝いの子供服を選ぶのも非常に楽しいです。

女の子の子供服なんて、自分が着なくなってからは全く関係がなく、今まで見向きもしませんでしたがめちゃくちゃかわいいですね。

ワンピースもかわいいけど、おしゃれブルマーというのでしょうか、おむつ分のゆとりがあり、お尻がふんわりするキュロットのようなやつ。

かわいいな・・・。まだ生まれたばかりで、おそらくバブーとすら言えないくらいだと思うけれど、少し成長してハイハイできるようになったりしたら

これをはいているところを、わたしは写真に撮りまくるのだろうか・・・。

などと考えながら子供服のサイトや店舗を見てまわっています。

ひと月くらいは実家に帰っているらしいので、赤ちゃんとママが落ち着いて会いに行けるくらいになるまでに買ってかわいくラッピングしよう。

ひとつびっくりしたのが、子供服ってすげえ高い。ってことです・・・。わたしが着てる服より下手したら高いです。お祝いだし買うけど・・・。【ベビアクア】申込みはコチラ!

出産祝いに子供服を選ぶ楽しみ。

あっというまの休日記

今日は朝からバタバタと忙しくしてました。

貯めに貯めた洗濯物、洗い物。

別に貯めたくて貯めたわけではなくて仕事が忙しくてやる元気がなかっただけで、、、

気合をいれ洗濯、洗い物やること2時間。。。

疲れた。

ほんと疲れた。

お昼まであと少しというところで少し休憩。

そのままお昼ご飯に!

今日の昼食は冷蔵庫の残り物の漬物(柴漬け、たくあん、みぶな)と冷や飯でチャーハン!

漬物を細かく刻んで、卵とご飯を先にごま油で炒めます。

ある程度混ざったところで刻んだ漬物を混ぜていきます。

香ばしいいい香り。

さて、作り終えていただきます!

と、、、

雨が降ってきた。

洗濯物は外に干してしまった。

あわてて部屋干し。

さて、気を取り直してチャーハンを食べ。

洗い物をちゃちゃーっと。

それから掃除機掛けてもうおやつタイム。

おやつは無いけどちょっと一休み。

録画してるドラマとかいっぱいあるけどもう見る元気がないよ、、、

あっ、今夜は何食べようか。冷蔵庫に何があったっけ?

鶏肉とキャベツがあるから適当に切って炒めようと決意!

夕飯の時間までとりあえずゆっくりしよう。

医師転職ドットコムはこちら!

あっというまの休日記

天気と洗濯についてのあれこれ

今日は雨が激しく降るというので、洗濯は見合わせた。

しかし、待てど暮らせど雨は降らない。

朝イチに洗濯してしまっていたら、もう乾いていたんじゃないか!?とイライラしてしまう始末。

それから雨が降りだしたらほっとしてしまった。降らなかったら待機損してしまうところだった。

洗濯は晴れたときには毎日するようにしているけれど、やっぱり何日か分をまとめた方が経済的なのかな?

毎日まわすとなると、一回の量が少ないときはなんだかもったいない気がしてしまって、洗えそうなものを手当たり次第に洗濯機にぶちこんでしまう。おかげで布系が清潔になるのは、いいことなんだけど。

実家から出て夫婦で暮らすようになったとき、こんな失敗があった。二人とも結婚するまで実家暮らしだったから、分からないことがたくさんあった。

何気なく夫が買ってきた柔軟剤。それを毎回使っていたところ、家のなかが繊維のゴミだらけに!

タオルで顔を拭くと繊維がついてくる。お風呂にはいったのに、かえって汚れてしまったような感じだった。

これはおかしいぞと調べたところ、柔軟剤は固くなった衣類に使うものだった。新品のタオルたちに使ったらそれは、繊維がゆるくなってポロポロ出てきてしまうわけだ…。

そんな失敗も過去にはありました、という話です。詳細はこちら!

天気と洗濯についてのあれこれ

武器を持たない戦術で世界平和に貢献していく

あるニュース記事でイスラエルとパレスチナに関するものが取り上げられていて、その記事に興味が湧きました。それは日本が関係していたからです。イスラエルとパレスチナと聞きますと、すぐにヨルダン川西域で起きている民族紛争などをイメージしていまいます。正直言って今回も最初はそんな気持ちで見ていて、物騒だなと勝手に思い込んでいました。ところが、記事を読み進めていくうちに、何だか嬉しい気持ちに変わっていくではありませんか。それは、日本がイスラエルとパレスチナの間に入って平和的に会合のテーブルにつかせることを行うことだできたからです。双方が仲たがいしてからというもの他国が心配しもイスラエルとパレスチナが会議が行うことはなかったそうなのでです。そんなときに日本は武力や武器を使わないで方法で話し合いを行い、双方に利点や利益をもたらす提案をして、安全と安定を築いていこうとしていて、今のところ両者がそれを受け入れているようです。この地域のことだけでなく、そのほかのもめている地域にも日本が主導となって世界の扮装をなくし、共に繁栄していける世の中を構築していくと良いなと思いました。過去の過ちを悔い改め、武器を持たない戦術で世界を平和にしていくリーダー国になることが日本の将来につながると思います。

武器を持たない戦術で世界平和に貢献していく