1歳児のはじめての節分

去年はまだお座りもできてなかった娘。今年は歩けるし、言葉も出るようになってきて、いろいろと分かるようになってきた…てことで、今年は節分の豆まきをしよう!と思って豆を買ってきました。

豆といっても、まだまだ誤飲が油断ならないので、落花生を投げることにしました。

投げる相手はもちろん鬼!…のお面をつけたパパです。

でも、1歳の娘にはそんな事は分からないだろうと思ってました。

パパは朝から赤鬼のお面をカバンに忍ばせて、会社に出勤しました。娘の初節分のために、定時での帰宅です。

パパとして帰って来る前に、鬼のお面をつけたパパが帰宅。まず、玄関のチャイムを鳴らします。

パパー!と言いながら玄関に走り出す娘。でも、途中で何か違うと気づいたようです。

そうです、パパはチャイムなんていつも鳴らしません。

微かに開いた玄関から覗いた、赤鬼の顔…娘、ギャン泣きでUターン!

廊下を一目散に逆戻りしながら、一旦後ろを振り返り一言。「…パパ?」

私たち夫婦(ヤバい、バレてる!)って思いながらも演技を続けました。

娘も、何となくパパだと気づきながらも、鬼のお面が気持ち悪くて泣き続けました。練習してたけど、豆は怖がりすぎて投げれず。

しばらくして、お面をはずしたパパが帰宅して、娘は安心してました。

一部始終をビデオにおさめ、旦那と見返して笑ってます。

1歳児のはじめての節分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です