飛行機の航空券について

航空券とは

航空券というのは飛行機に乗るための切符に相当するものです。
電車に乗るためには鉄道の切符が必要になるのと同じく、飛行機に乗るためには航空券が必要になります。
鉄道の切符についてはどんな人でもイメージできるでしょうから、航空券について、鉄道の切符と比較してどのような点では同じなのか、どのような点で違いがあるのかということを説明しましょう。
まず、見た目の違いとして大きさというのがあります。
鉄道の場合は特急や新幹線など、大きいものでも定期券サイズとかそれよりも若干大きい程度ですし、小さいものだともっと小さいわけですが、飛行機の場合は違います。
だいたい1万円札などの紙幣くらいのサイズはあります。
書かれている情報量も多いですし、やはり見映えもするものということもあるのか、これくらいのサイズになっています。
かつては実際に飛行機に乗る直前には一部が切り取られて半券のみ手元に残され、残りは回収される仕組みだったのですが、今では表面に記載されたバーコード読み取り式が主流になっていますので、全体が手元に残ることが多くなっています。
また、最近では鉄道でもIC乗車券など、紙の切符を必要としないケースが増えてきていますが、飛行機の場合も同様です。
電子式のチケットとなっているケースも増えてきています。

航空券とは購入方法航空券の注意点